女性のからだはホルモンによって支配されているということばを聞いたことがありますか?
女性らしいからだつきをつくるのも、臓器のはたらきを調整するのも、妊娠・出産を経験することも、すべてホルモンの影響なしにはできないことです。

そして、これらのホルモンの分泌は
閉経を迎えることによって急激に減少します。
このことによって、これまで調整されていた
ホルモンのバランスが急に乱れてしまい、
からだがパニック状態に陥ります。

この状態を更年期障害と呼び
自律神経がうまく機能しなくなったり、
全身の倦怠感やイライラ、不安などの精神症状、
急な発汗やほてりなどさまざまな症状を引き起こす
原因だと言われています。

これらのパニック状態は、
ホルモンが分泌されない状態にからだが慣れてしまえば
治まるといわれていますが、
その期間や症状の程度には個人差があります。