骨粗鬆症とは、骨の中が鬆(す)が入ったように
粗くスカスカになって、些細な衝動でも
骨折をしやすくなるくらいに骨がもろくなる病気のことです。

年齢を重ねるごとに骨粗鬆症の発症リスクは
上昇するとされていますが、
特に更年期に入った女性は骨粗鬆症になりやすいといいます。

では、どのような関係性があるのでしょうか?

女性が女性らしくあるためのはたらきを担っている
女性ホルモンのひとつにエストロゲンがあります。
妊娠や月経に深く関わるエストロゲンは骨の新陳代謝において、
骨からカルシウムが溶け出すことを防ぐはたらきがあります。
しかし、更年期によってエストロゲンの分泌が減少すると、
これまで保つことができていた骨の質を維持することができなくなり、
骨粗鬆症のリスクを上昇させてしまうのです。