更年期障害は精神的な症状と身体的な症状など、
心身共に辛い状態にある時期というイメージがありますが、
命と深く関わるような重篤な状態へとつながっているのです。

注目すべきは更年期以降の女性の死亡原因です。
1位は虚血性心疾患、2位は脳血管疾患と、
双方共に血管に関わる疾患です。

更年期を迎えると女性ホルモンひとつエストロゲンの分泌が急激に減少します。
エストロゲンは血液中のコレステロールや中性脂肪のコントロールを担っています。
これまで血中の悪玉コレステロールの増加を抑えて、
善玉コレステロールを増加させていたエストロゲンが少なくなれば、
急激に血中濃度が上昇し、動脈硬化の発症リスクを上昇させることとなるのです。
そのため、食生活やこまめな運動を行うなど生活習慣を見直すことが必要だと言えるでしょう。