更年期とは閉経をはさんだ前後10年間を言いますが、この時期に多くの女性に、
なんらかのかたちで起こる不調は「更年期障害」と呼ばれます。

一方「プレ更年期」とは、更年期を迎える10年ぐらい前の、30代後半~40代の時期のことです。
この年代の女性が、更年期障害に似た症状に悩まされるということが増えています。

しかし、「更年期障害」と「プレ更年期」は別のものです。
更年期の原因は、卵巣機能の老化により体に不調をきたします。
一方、プレ更年期は卵巣機能の老化よりも、自律神経の失調による影響が大きいと考えられています。

自律神経には体の各器官の働きを正常にコントロールする役目があり、うまく働かないとホルモンの分泌が乱れ、体調が不安定になったり、更年期のような不快症状が現れます。特に育児や家事、仕事を両立している現代の女性に起こりやすい病気であることは明白です。プレ更年期の予防・改善には、できるだけストレスをためないようにし、上手に発散させる方法を見つけることです。
基本的なことですが、過労や運動不足や睡眠不足を避け、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけることも大切です。