更年期障害に女性ホルモンが深く関係していると言われていますが、具体的にどのようなことでしょうか?

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、生理を起こしたり女性らしい艶やかな肌や髪の毛をつくっています。
また、悪玉コレステロールを抑えて善玉コレステロールを増加させているのもこのホルモンなのです。

つまり、エストロゲンは女性らしさを生み出し、健康管理を行っているホルモンだといえます。

このエストロゲンは卵巣で作られていますが、これは卵巣が十分にはたらいているからできることです。
しかし、年齢を重ねると卵巣のはたらきが低下し、それと共にエストロゲンの分泌量も減少していきます。
これがホルモンバランスの崩れであり、更年期障害の原因となっていると考えられています。