一般的に50代になると、
ホルモンの変化が著しく大きくなり、
更年期を迎えます。

更年期に入ると、脳から指示された通りに
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンを
十分に分泌させることができなくなります。

エストロゲンは卵巣から分泌されていますが、
卵巣が老化してうまく作用することができなくなるのです。
この不具合に脳は対応することができなくなり、
自律神経失調症のような症状が起こりやすくなるのです。

他にも、エストロゲンは甲状腺や副腎などの
ホルモンを作り出すことや病気や細菌から
からだを守るための免疫機能に深く関わっています。
そのため、個人によって差があるといえども、
バランスを崩すと、急激に心身に影響を与えることとなるのです。