更年期症状のうち女性の閉経期頃を更年期中期と呼びます。
この頃は更年期後期に向かって急激に女性ホルモンが減少していく時期であり、女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの分泌バランスが乱れます。
そのため、驚くほどの大量出血があったと思えば、急に少量になったりと、月経に大きな影響がみられます。

さらに心身ともにバランスを崩しやすくなったり、不安定になりやすい人が多いようです。

具体的な症状としては、急に熱感を感じて汗をかくホットフラッシュや、焦り、イライラ、不安感、意欲低下、怒りっぽいという精神症状、
倦怠感、ひどい肩こり、腰痛、手足の冷え、めまい、頭痛などの身体症状があります。

症状には個人差がありますが、症状と向き合いながら対応する必要があります。
気分転換などを図ると共に、医師に相談してエストロフェムなどによるホルモン治療を行うようことも必要でしょう。
他にも家族や周りの人たちの理解が必要となりますので、きちんと話合いやコミュニケーションの摂ることをお勧めします。

更年期障害のサプリで本当に更年期の症状は軽くなるの?