更年期の症状には個人差が大きく、
症状がまったく現われない方もいれば、
起き上がることができない程重度の方もいらっしゃいます。

また、症状が現われる期間についても
短期間の方から10年近く苦しむ方もいます。

このように、更年期障害の症状に
差が出てしまう理由は一体何なのでしょうか?
症状の違いには身体的要因として、
ホルモンの分泌が急激に起こる方と緩やかに
起こる方がいることにあります。
急激に起こった場合には身体が対応することが
困難になるため症状が重度化すると考えられます。

また、本来の性格がストレスに弱い場合や
真面目な方の場合、マイナス思考になりやすく、
精神的にダメージを受けて症状が悪化することもあります。

さらには置かれている環境がストレスを受けやすい場合にも
同様のことが考えられ、心身に更年期の症状が現われやすいといえるでしょう。