近年、更年期障害の症状は一般的に知られるようになりました。
そのため、体調の異変に気づいたら「更年期だから」と
自分自身で対処しようとする人も多いようです。

しかし、受診することで自分の症状を正確に知ることもでき、
専門的な対処方法を指導してもらうこともできます。
また、相談することができる環境で安心感を持って
更年期を過ごすことができます。

では、どのように病院受診をして診断してもらうのでしょうか?
更年期の症状の特性を考えると内科や心療内科を受診する人が多いようですが、
更年期の専門病院が近くになければ婦人科がお勧めです。

その理由は更年期障害は女性ホルモンとの関係が深いからです。
また、女性特有のガンや性に関する問題まで
女性を総合的に診察できると考えられます。

診断方法は一般的に血液検査、
内診(子宮のエコー検査など)、心理テストなどが実施されます。
早期であれば症状軽減も比較的簡単にできます。
自覚症状がある場合は、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

更年期障害の症状はサプリメントで対策