フルナーゼ点鼻薬

花粉症とは

花粉症というのは、スギやヒノキのように花粉が原因でおこるアレルギー性疾患です。

 

人間には免疫という体内にとって異物ととらえた物を防衛するために排出しようとする働きがあります。
花粉も人間にとって異物なので、目や鼻やのどの粘膜に付着した場合、免疫作用が起こりが排出しようと、涙・鼻水・咳、それに伴うムズムズ感や充血・痛みが起こります。

 

尚、花粉症にはなる人ならない人がいるのは花粉症に対する抗体を作りやすい体質(アレルギー体質)である人が花粉症を発症しやすくなっています。

 

花粉症と鼻づまり

 

花粉症の代表的な症状に鼻づまりがあります。
鼻が詰まるのはは鼻の奥の粘膜が腫れている状態です。
これは、花粉により鼻の粘膜にある毛細血管が拡張し粘膜が膨張して空気の通り悪くなってしまうのが原因です。

 

鼻づまりは不快な症状であるとともに、自然と口呼吸になってしまうので、喉が乾燥しやすく喉を傷めてしまう場合があります。
さらに、睡眠中、いびきをかくようになってしまうため朝のどが痛いと感じます。

 

喉を守るためにもマスクを室内でも使用すると鼻づまりの二次被害も発症する確率を下げられます。

 

 

花粉症と止まらない鼻水・くしゃみ

 

花粉症の症状にくしゃみが止まらない、鼻水がとめどなく流れてくるといった症状のくしゃみ・鼻水型があります。

 

これは、浸入してきた花粉を排出しようとくしゃみが出ます。
それに伴い鼻水が出るという不快な症状です。

 

くしゃみ鼻水型に対して、医師はヒスタミンの働きを抑えたり放出を抑えたりする抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を処方します。